見えない矯正で美しい口元をつくるのは恵子デンタルクリニック

審美歯科の歯列矯正審美歯科の行う治療の中で最も一般的に知られているのは歯列矯正でしょう。歯並びが悪かったり、いわゆる「出っ歯」の状態になっていたりする場合に、これを矯正する治療法のことを言います。


審美歯科では、歯列矯正をするための色々な手法が採用されています。一番よく用いられるのはワイヤー矯正と呼ばれる矯正法です。これはブラケットと呼ばれる装置を歯につけ、それにワイヤーを通して引っ張ることによって歯列を整えるという方法です。ワイヤーで引っ張ると内側に力が加わりますから、外側に向いている歯が徐々に真っ直ぐに揃っていくというわけです。

この方法のメリットは最も広く使われているため実績があること、普及している分、安価に治療できること。逆にデメリットとなるのは、一時的とはいえ見た目がかなりギラギラしてしまうことです。特に多感な時期の若者には辛いかもしれません。しかし、最近は金属に比べて目立たないセラミックのブラケットやプラスティック製のブラケットも出来ていますから、より歯列矯正がしやすくなりました。


さらに、全く矯正していることがわからない裏側矯正という方法もあります。これは通常歯の表側につけるブラケットを裏側に装着する特殊な方法で、営業職などブラケットが見えると日常生活に差し障る人に適しています。それぞれの審美歯科で得意とする矯正法や施術できる矯正法が違う場合も多いですから、自分のニーズにあった審美歯科を探して歯列矯正をしたいものです。